新着情報(2016年11月27日 更新)

国際会議発表: 尿酸分子と類似した形状のグアニン分子の結晶を体表に持つ深海魚の(ヨコエソ)の体表面に注目し、その体表でのグアニン結晶の配列パターンに対する磁場効果: 
2016年11月に国際磁気および磁性材料会議(USA, New Orleans)で発表を行いました。
http://magnetism.org/

研究プロジェクト採択: 2016年9月16日
科学技術振興機構CREST「新たな光機能や光物性の発現・利活用を基軸とする次世代フォトニクスの基盤技術」のH28年度の新規課題に採択されました。
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/news/2016/160916/160916crest.pdf


論文掲載: 2016年1月
Magnetic Control of the Light Reflection Anisotropy in a Biogenic Guanine Microcrystal Platelet
M Iwasaka, Y Mizukawa, NW Roberts
Langmuir 32 (1), 180-187、2016

論文掲載: 2015年9月1日
Mizukawa, Y. et al. Light intensity modulation by coccoliths of Emiliania huxleyi as a micro-photo-regulator. Sci. Rep. 5, 13577; doi: 10.1038/srep13577 (2015)
http://www.nature.com/articles/srep13577

2014年4月から広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所に
異動致しました!



2013年3月7日
Fish scale guanine crystal に関する新しい論文が2報掲載されました。 

Langmuir

Light Reflection Control in Biogenic Micro-Mirror by Diamagnetic Orientation
Masakazu Iwasaka and Yuri Mizukawa
Langmuir, Article ASAP
DOI: 10.1021/la400046a
Publication Date (Web): March 7, 2013
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/la400046a


Applied Physics Express誌
Biaxial Alignment Control of Guanine Crystals by Diamagnetic Orientation
Masakazu Iwasaka, Yuito Miyashita, Yuri Mizukawa, Kentaro Suzuki, Taro Toyota, and Tadashi Sugawara
Appl. Phys. Express 6 (2013) 037002 (4 pages)
http://apex.jsap.jp/link?APEX/6/037002/



魚が太陽光を高効率に利活用するしくみをまねるバイオミメティックスを実現し、その技術を光デバイス、新しい光制御技術に役立てる破壊的イノベーションに挑みます!

ただ今、JST CRESTプロジェクト
「魚のバイオリフレクターで創るバイオ・光デバイス融合技術の開発」に参加する大学院生を募集中です!


尿酸結晶(プリン体分子結晶)
における磁場効果
Photonic crystals from the sea

藻類
バイオエネルギー
ホームページ

医療に貢献可能な
バイオリフレクター
(ページ準備中)
研究情報還元

English

© All rights reserved.
本ホームページに含まれる図、写真、文章等の無断転載を禁じます。

広島大学 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所
分子生命情報研究部門
 
岩坂研究室